水彩色鉛筆画ってなあに?

水彩色鉛筆で塗ったところを、ぬれた筆でなぞると、色鉛筆が水に溶けて、水彩画になります。水の量や筆使いで、いろいろな仕上がりを楽しめます。

色鉛筆と筆が1本あれば、絵の具やパレットなどが不要なので、気軽にどこでも絵が描けます。

 

 

 

思わずかぶりつきたくなる「すいか」を

描いてみましょう。

はじめは、色鉛筆を薄

く塗り、水をつけた筆

でサーっとなぞります。

水が乾いたら、上塗り

をしてメリハリをつけ

ていきます。

中心から放射状に塗る

のがコツです。 

下塗りしたところは、

画面の中の明るいところ 。

次に、濃いところのみを

塗る力を調節して、ぼかし

ながら塗ります。

種の入っているところに

陰影をつけてます。 

繊維の細かい線をていねい

に描きます。

線を水でぼかして質感をだ

します。